「猫カゼ」は呼吸器系の病気の原因に|こんな症状には気をつけて

愛猫にカゼの症状が!


飼っている猫がくしゃみをしている、口を開けて呼吸(開口呼吸)をしているーー。愛猫の様子がいつもと違うと、なんだか心配になりますよね。今回は呼吸器系の病気の原因となる「猫カゼ」をご紹介します!

猫の呼吸器系の病気と症状


猫の呼吸器系の病気で圧倒的に多いのは「鼻炎」と「副鼻腔炎」で、これらの多くは猫カゼが原因であると考えられています。その他の呼吸器系の病気の多くも、猫カゼから派生する病気と言われています。

さまざまな病気を引き起こす猫カゼの症状は、くしゃみや鼻水、目ヤニ、発熱などが代表的。喘息や胸水、肺水腫といった病気の場合にも、咳、呼吸困難、開口呼吸などの呼吸の変化が現れます。猫の咳は人の咳と全く異なるので、最初は分かりにくいことも多いようです。

「猫が気持ち悪そうにしている」「なんだか様子がおかしい」と気づいたら、様子を見ずに、すぐに動物病院を受診するようにしましょう。重篤化すると命に関わることもあります。

猫カゼを予防するには?


猫カゼは定期的なワクチン接種で、発症・重篤化を防ぐことが可能です。定期的なワクチン接種をすることで、猫カゼの原因となるウイルスに感染しても発症しにくくなり、発症したとしても軽症で済むようになります。ワクチン接種は獣医師に相談し、定期的に接種するようにしましょう。

なお、子猫期は抵抗力が弱く症状も重くなりやすいので特に注意しましょう。成猫期になると抵抗力も強くなるので、症状が出にくくなります。しかし高齢になって抵抗力が落ちてくると、体内に潜んでいる原因ウイルスが活発になり、再び症状が表出することもあります。

自宅でできる!日頃から飼い主さんができる猫カゼの予防策!


それでは、日頃からできる予防策をご紹介します。

・ストレスの少ない環境づくり!
大きなストレスを感じると免疫力が下がります。愛猫が安心して過ごせる環境づくりを心がけましょう。

・刺激物に注意!
愛猫を刺激物に近づけないようにしましょう。タバコの煙、芳香剤のニオイなどの刺激物は、咳を誘発することもあります。

・いつでも暖かい場所を用意!
体が冷えると免疫力が下がってしまいます。季節の変わり目などは夜間に冷え込むこともあるので、常に暖かく過ごせるスペースを用意してあげましょう。

猫は体調が悪いのを隠すことが多い生き物。ちょっとした変化に気づいたらすぐに動物病院を受診するようにしましょう。呼吸器系の病気は様子見をすると重症になり、命に関わることもある。このことをぜひ覚えておいていただきたいと思います。


参考/「ねこのきもち」2017年11月号『イマドキ猫の健康事情 呼吸器』(監修:聖母坂どうぶつ病院 獣医師 鵜飼佳実先生)
文/summerake
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

ねこのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索