『ねこのきもち』本誌で毎号連載中の「ねこの病気、そこが知りたい!」。実際に愛猫が病気になった飼い主さんが治療中に「知りたかったこと」について、獣医師の重本 仁先生が教えてくれます。今回は再発を繰り返しやすい病気、「猫カゼ」についてご紹介します。

人の風邪の症状に似た、ウイルスや細菌が感染して起こる病気




「猫カゼ」とは、症状が人の風邪に似ていることからこう呼ばれ、数種類からなるウイルスや細菌が原因の上部気道感染症の通称です。代表的なのは、「猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペスウイルス感染症)」、「猫カリシウイルス感染症」、「猫クラミジア感染症」の3つで、前者2つは一度感染すると体内にウイルスが残るため、再発を繰り返しやすくなります。また、猫カゼは基本的に猫同士で感染しますが、「猫クラミジア感染症」だけは、猫から人にも感染するといわれています。

猫カゼの症状は、全般的にくしゃみや鼻水などが出ることが多く、特効薬はないため、症状を抑える対症療法を行います。抗生剤のほか、猫の免疫力をサポートするインターフェロンなどを投与することも。

予防は、定期的なワクチン接種によりウイルスや細菌の免疫をつくることです。発症・再発しても軽い症状ですむ傾向にあります。

涙(写真①)や目ヤニ(写真②)など、目に症状が現れることも。症状が片目だけなら、「猫クラミジア感染症」の疑いがあります。

「猫カリシウイルス感染症」(写真③)の場合、口内炎がひどくなったり、舌炎(〇印)が見られるケースも。その痛みから、食欲がなくなることもあります。

猫カゼでこんな体験をしました−−茨城県 R・Oさん アンタレスちゃん(メス・2才/メインクーン)


「今までに3回も発症・再発を繰り返しているアンタレス。1回目はわが家に迎えたときで、2回目は新入り猫を迎えたとき、3回目は保護猫を一時預かりしているときでした。今のところ同居猫に感染していないことが救いです。
初めて発症したときは、目ヤニが大量になりくしゃみが頻繁に出るようになってから動物病院へ。受診が遅れた反省から、2回目の再発以降、すぐに連れて行くようにしました。そのおかげで回復は早くなりましたが、再発を繰り返しているので不安です。また、獣医さんからは、同居猫への感染率は低いと言われましたが、いつか同居猫に感染しそうと心配しています。」

アンタレスちゃんが猫カゼを再発しても同居猫のフォーマルハウトくんとは同じ空間で過ごしたそう。2匹は付かず離れずの仲だとか。

飼い主さんからの疑問「そこが知りたい」

再発を繰り返すのは、なぜですか? また、獣医さんからは、同居猫への感染率は低いと言われましたが通常の生活のままで対策は必要ないのでしょうか?

ストレスが再発の引き金に。複数飼いの場合は完全隔離を


アンタレスちゃんが猫カゼを発症・再発したのは環境の変化があったとき。ストレスによって免疫力が低下して発症・再発したと考えられます。
また、前述のとおり、猫カゼはワクチン接種をしても感染の可能性はあります。発症している猫の分泌物や排泄物には大量の細菌やウイルスが含まれているので、同居猫がいる場合は、別の部屋に隔離したほうが安心でしょう。通常の生活のままで過ごすよりも感染率が下がります。猫カゼを発症・再発している猫に触れた場合は、細菌やウイルスが手や洋服に付着している可能性が高いので手洗いや着替えを徹底して。

先生、ご回答いただきありがとうございました。
ご紹介した飼い主さんのエピソードは、あなたの愛猫に起こる可能性もあります。いざというときに思い出し、役立ててください。

監修/重本 仁先生(王子ペットクリニック院長)
参考/ねこのきもち2019年12月号『ねこの病気、そこが知りたい!』
文/浪坂一
イラスト/上垣厚子
画像/ねこのきもち2019年12月号『猫の病気そこが知りたい』
※この記事で使用している画像は2019年12月号『ねこの病気、そこが知りたい!』に掲載されているものです。