愛猫の目をじーっと見つめ返す行為 猫の本音は意外なものだった!?

愛猫の視線を感じたときって、なんだか嬉しい気持ちになりますよね。つい、愛猫の目をじーっと見つめ返す飼い主さんもいることでしょう。

しかし、その行為はよくない可能性があるのです。愛猫の本音に迫ってみましょう!

愛猫の視線を感じて見つめ返し続けると、猫は恐怖を感じることも


猫同士では、相手の目をジッと見ることは「敵意」を表します。そのため、気性の荒い猫では攻撃行動をとったり、一方で臆病な猫では恐怖を感じる原因になることもあるのです。

愛猫がじつは「怖い」と思っている可能性があるなんて……いずれにしても、愛猫の目をジッと見続ける行為は、飼い主さんと愛猫の関係を悪化させることもあるようです。

猫と視線が合ったときには、こうしよう!


猫と目が合ったら、一度ゆっくりと瞬きをしてから目を離すのがいいです◎ 猫同士では、相手に目をつむって見せることは、「敵意はないよ」「仲良しだよ」というサインなのです。

このように、飼い主さんがよかれと思ってする行動によって、じつは愛猫との関係を悪化させてしまう可能性があるものも。
コミュニケーションもやりすぎは要注意だということを、飼い主さんは覚えておいてくださいね!

参考/「ねこのきもち」2017年2月号『よかれと思ってやっていることが、健康や関係性に影響することも やり過ぎると危険なお世話』
文/Honoka
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。

関連記事

おすすめ情報

ねこのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索