【猫豆知識】猫の「ピンク色」にまつわる4つのナゾに迫る!

ピンク色の皮膚に肉球、お鼻……猫の体がピンク色なのって、とってもかわいいですよね♡
「かわいい」だけではなく、そのピンク色にまつわるヒミツを知っているでしょうか? 猫のピンク色のナゾについて、哺乳類学者の今泉忠明先生が解説します!

Q1.皮膚の色がピンク色の猫がいるのはなぜ?


A.メラニン色素の量が少ないから。

皮膚の色はメラニン色素の量と関係し、一般的に、メラニン色素の量が少ないと皮膚の色がピンク色になります。
人に飼われるようになってから、メラニン色素の少ない毛色の白猫や、白の毛の割合が多い猫が多くなったことで、皮膚がピンク色の猫が多く存在するようになりました。

Q2. ピンク色の鼻にブチがあると、肉球も同じって本当?


A. 同じである確率が高いといえるでしょう。

「鼻と肉球は同じ色になる」とよくいわれており、断言はできないものの、同じ色になる確率が高いと思われます。
ピンク色の鼻にブチがあれば、肉球にもブチがある猫は多いでしょう。

Q3. 年齢ととともにピンク色が変色することはあるの?


A. 加齢によって、色が変わる可能性があります。

猫の皮膚も人の肌と同じように老化し、皮膚が硬化して厚くなるなど、見た目でピンク色の割合が変わることがあります。
また、成長するにつれてホルモン分泌量が変化することで、まったく異なる色に変わることもあるでしょう。

Q4. ピンク色が濃くなるときがありますが、どうして?


A. 興奮したり、眠ると体温が上がって濃くなります。

猫のピンク色の皮膚は、実際は色素のない白い皮膚で、血液の色が透けてピンク色に見えています。
血流は体温が上がると激しくなるので、猫が興奮したり、眠っているときなどにピンク色が濃くなる傾向にあります。

どれも素朴なギモンですが、理由がわかるとおもしろいですよね♪ あなたの愛猫のピンク色の部分の変化にも、目を向けてみてください!

参考/「ねこのきもち」2017年3月号『愛猫の"ピンク”はどんな色? 猫ってピンクがいっぱい♡』
(監修:哺乳動物学者、「ねこの博物館」館長 今泉忠明先生)
文/Honoka
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

関連記事

おすすめ情報

ねこのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索