一口に猫パンチといっても、その裏には猫のいろいろな気持ちが隠れています。かわいい!と思うものから、そっとしておいたほうが…と感じるものまで実にさまざま。今回はそんな猫パンチを愛猫からされた場合、どう受け止めればいいのか解説します。愛猫との絆を深めるチャンスですよ!

「遊び」の猫パンチ


軽くチョンっと触る程度の力加減から始まるなら、それは「遊び」の猫パンチである可能性が高いです。このとき猫の爪を見てみると、きちんとしまわれていることが多いはず。しかしだんだんとエキサイトしてくると、力加減が強くなってきて痛さを感じる威力になってきます。

「遊び」の場合の受け止め方は?

遊びのパンチをしてくる猫の様子は、甘えているしぐさのようにも見えるので、かわいいと感じる飼い主さんも少なくないでしょう。しかし夢中になった猫のパンチはなかなかの威力。もし痛いと感じたら、「あっ」など短い言葉で猫を一瞬驚かせるのがおすすめです。強い力でパンチをしたら遊びが終わってしまうと、猫が学習するチャンスになります。

「不快感」の猫パンチ


自由気ままな猫は、自分の気分がのらないときにかまわれると、不快な気分になることもあります。そんなときに飛んでくるのが、不快感の猫パンチ。単発で終わる場合が多いですが、力は強めで、猫のイライラ度合いによっては爪が出ていることもあります。

「不快感」の場合の受け止め方は?

抱っこやなでなでなどを、どのように感じるかは猫によってそれそれです。しかし長時間や強めの力のスキンシップは、猫にとってストレスになりやすいので気をつけましょう。猫パンチをされて、猫が不快だったかもしれないと感じたら、その行為をやめることが大切です。猫は飼い主さんからの愛情自体を否定しているわけではありません。愛猫の性格を見極めながら、お互いの心地よい距離感を覚えていきましょう。

「攻撃」の猫パンチ


攻撃の猫パンチはとっても強力です。その威力は、鳥やネズミなどの小動物なら気絶してしまうほどだとか。このパンチをくりだすときは「怒り」の表情の場合が多いですが、なかには獲物をしとめるときや、パニックに陥ったときにこのパンチをしてくる可能性もあります。

「攻撃」の場合の受け止め方は?

基本的には、猫が怒っているときに近づかないのが一番です。もし難しい場合は、毛布などの集めの生地のものなど、猫の爪や牙を通さないもので体を隠すのが良いでしょう。ケージに入れたいなら、やはり厚手のバスタオルなどで包んで攻撃を防ぎましょう。遊びに興奮しすぎて攻撃になってしまうなら、無視して部屋をでていき、猫の学習を促すのもおすすめです。

いずれの場合でも、愛猫の性格をよく把握したうえで、冷静に対処することが大切です。猫パンチから気持ちを読み取ることができれば、きっと愛猫とのコミュニケーションがより円滑になることでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考/「ねこのきもち」WEB MAGAZINE『猫パンチは3種類ある!?その意味と見分け方を画像と動画で解説!』(監修:ねこのきもち相談室獣医師)
文/kagio
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。