意外と知られていない「動物看護師」の仕事

いつも笑顔で親切な動物看護師さん。ときどき会話はするものの、その存在はベールに包まれていることも。帝京科学大学助教であり、動物看護師でもある小野寺温(のどか)先生に教えてもらいました!

Q. 動物看護師って、ひと言でいうと、どんな存在?


A. たとえるなら、獣医師と飼い主をつなぐ〝かけ橋〞でしょう

獣医師がよりよい診療を行えるようにサポートしたり、飼い主さんが自宅でのケアをうまくできるようにフォローしたり、獣医師と飼い主さんのコミュニケーションを取りもったり……。動物看護師はいわば〝かけ橋〞。獣医師にはもちろんのこと、飼い主さんから信頼され、頼られる存在を目指しています。

Q. 動物看護師の具体的な業務内容は?


A. 診断・治療以外の、幅広い業務を担当

動物の病気の診断や治療は、獣医師のみに許された行為です。逆にいうと、そのほかの業務は、動物看護師も担当することができます。診療時間中、獣医師は、次から次へと来院する猫たちの診察に追われ、専念します。そのため、動物看護師は、動物病院の方針にもよりますが、比較的多岐にわたる業務を行っています。

Q. 動物看護師としてやりがいが感じられるのはどんなとき?


A. 獣医師と飼い主さんに信頼され、両者をうまくつなげたとき

こまかい部分は人によって異なるかもしれませんが、動物看護師は、獣医師と飼い主さんをつなぎ、猫の健康を守る上で〝かけ橋〞となることを目指しています。ですから、どちらにも信頼され、頼られることには大きなやりがいを感じるでしょう。猫が少しでも健康に過ごせるお手伝いができれば、それに勝る喜びはありません。

Q. 勤務時間以外で勉強することもあるの?


A. 参考書を読んだり、勉強会で情報を共有したり

業務の幅が広いため、時間外に勉強している動物看護師は多いと思います。よくあるのは、勉強会の開催。動物看護師たちが動物病院の枠を超えて集い、情報を共有することで、業務をよりよくするヒントをもらいます。また、それぞれ力を入れている分野があるので、参考書を読み、スキルアップに努めている人もいるようです。

Q. やっぱり動物好きな人が多いの?


A. そうですね。飼っている人も多いでしょう

動物看護師のほとんどが動物好きだと思います。もっといえば、この職業を選んだ理由も「動物が好きだから」が多いのではないでしょうか。実際、たくさんの動物看護師が動物を飼っています。

動物看護師さんの仕事内容やプライべートなどがわかると、さらに身近に感じられますね。受診の際は、愛猫のことで気になることがあれば、気軽に相談してみましょう!

参考/「ねこのきもち」2017年3月号『愛猫の健康を守るのは獣医師 動物看護師 飼い主の連携です!』特集(監修:動物看護師・帝京科学大学助教 小野寺温先生)
文/Carrie-the-cat
イラスト/かつまたひろこ
※この記事で使用しているイラストは2017年3月号「愛猫の健康を守るのは獣医師 動物看護師 飼い主の連携です!」に掲載されているものです。
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。


関連記事

おすすめ情報

ねこのきもち WEB MAGAZINEの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索