江戸や明治に猫を愛した芸術家の作品展「アートになった猫たち展」4/26から開催

江戸や明治に猫を愛した芸術家の作品展「アートになった猫たち展」4/26から開催

江戸時代から明治にかけて、猫を愛した芸術家たちの作品を展示する展覧会「アートになった猫たち展」が4月26日から東京都の千代田区立日比谷図書文化館で開催されます。

近年、日本では「猫ブーム」と言われて久しいですが、猫は古くから日本人の生活に深く寄り添ってきた動物で、きまぐれで微笑ましい表情や仕草、想像力をかきたてるその存在は、さまざまな美術作品のモチーフとして表現されてきました。

特に約200年前の江戸時代後期には現代さながらの「猫ブーム」がたびたび到来していて、猫を抱えながら作品を制作していたと言われるほど愛猫家の絵師・歌川国芳を筆頭にさまざまな作家が活躍。愛らしく時に神秘的な猫は美人画や戯画に登場し、女性と戯れる猫、踊る猫、芸をする猫、猫顔で人気役者になりきって愛嬌たっぷりの姿を披露する猫など、江戸の庶民に広く親しまれてきました。

また近代においても、猫を愛した画家として知られる竹久夢二や藤田嗣治、海外ではアールヌーボーを代表する画家オーブリー・ビアズリーなどが自らの作品に好んで猫を描き多くの人々を魅了。

本展では、浮世絵収集家の中右瑛氏が長年にわたって集めてきた浮世絵と近代美人画のコレクションを中心に、暮らしの中に描かれた猫や、猫を愛した芸術家たちの作品約100点を紹介しながら、人々を惹きつけてやまない猫たちと、人と猫の深い関わりを探る展示内容となっています。

<展示構成>
アートになった猫たち
ねこを愛した芸術家たち
ねこ爛漫 なぜ猫で描かれた?
今も昔も暮らしの中に猫がいる「江戸編」
今も昔も暮らしの中に猫がいる「明治編」

展覧会は4月26日から約2ヶ月間にわたって開催され、途中で一部作品が展示替えとなるため複数回訪れても楽しめるようになっているほか、会期中には本展や猫に関するイベントも実施。展示作品の解説やワークショップなど、子供から大人まで楽しめる企画が予定されています。

<アートになった猫たち展>
期間:2019年4月26日(金)〜6月23日(日)
時間:10:00〜19:00
  :10:00〜20:00(金)
  :10:00〜17:00(日・祝)
  ※入室は閉室の30分前まで
休館:5月20日(月)、6月17日(月)
料金:一般300円、高大生200円
  ※千代田区民・中学生以下無料
会場:千代田区立日比谷図書文化館


関連記事

Cat Pressの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

東京 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索