北欧の人気陶芸作家リサ・ラーソンのコラボカフェが東京・有楽町にある商業施設「マロニエゲート銀座1」にて期間限定でオープンしています。

リサ・ラーソンは陶芸家として本国スウェーデンをはじめ世界中で多くのファンを獲得していますが、日本では胴長×ストライプ柄の猫キャラクターとしてお馴染み「マイキー」の生みの親として有名で、やさしくかわいいコケティッシュな動物や、素朴で温かみのある表情豊かなフィギュアなども多数創作。88歳を迎えた今でもアートピースや新作を発表するなど精力的に活動を続けています。

今回紹介するのは、そんなリサ・ラーソンの世界観をモチーフにしたメニューが楽しめるカフェで、お店の名前は「LISA LARSON Fika TOKYO」。

Fika(フィーカ)とは、スウェーデン語で「家族や友人、恋人とのコーヒーブレイク」を意味する言葉で、リサ・ラーソンファンをはじめ北欧やアート好きな人など、食を通して「よい時間を過ごしたい」と思う人に素敵なひとときを提供することをコンセプトに掲げています。

カフェメニューの中で一番人気は「猫のマイキー」のプレート。
トマトピュレとアーモンドライスでマイキーを表現した可愛らしいメニューで、ハーブを効かせた海老のアメリケーヌソースがかけてあり、見た目も味わいも様々な工夫が凝らされたマイキー好きには気になる一品です。

そのほかにも、猫の「ミア」がちょこんと乗ったトライフルパフェや、「ベビーマイキー」を添えたケーキなど、リサ・ラーソンのキャラクターを表現したメニューがラインナップ。

■ミア トライフルパフェ/1,900円
⇒フラワーコーディアルのジュレ、アーモンドブラマンジェコーヒー風味のスパイスケーキ、抹茶ショコラ、バニラアイス、ナッツのトライフルパフェ。ドリンク付き。(15:00〜限定メニュー)