黒猫ドーナツもあるニャ!クリスピー・クリーム・ドーナツからハロウィン仕様の新作が登場

黒猫ドーナツもあるニャ!クリスピー・クリーム・ドーナツからハロウィン仕様の新作が登場

クリスピー・クリーム・ドーナツから「秋の味覚の食材×ハロウィン」をテーマにした3種のドーナツが2019年9月11日(水)に発売されました。

今年もハロウィンまで残り2ヶ月弱。

毎年10月最後の週になると繁華街で仮装して盛り上がる人々の光景が風物詩となっていますが、サッポロビールが昨年行ったアンケート調査によると、ハロウィンに合わせて何らかの楽しみ方をする人は約半数にのぼり、特定の地域に偏らず全国的に盛り上がる傾向にあるものの、そのうち8割以上は自宅・友人宅・恋人宅など過ごしたいと回答しており、家で楽しむのが多数派であることが示唆されています。

そんなお家でハロウィンを楽しむのに盛り上がりそうな新作ドーナツ「MONSTER HARVEST in Monster DINER」が10月末までクリスピー・クリーム・ドーナツの店舗で販売されています。

秋の美味しい素材である「パンプキン、マロン、アップル」をふんだんに使用した3種類のドーナツで、ネコ好きな人はチェックしておきたいのが黒猫をモチーフにしたドーナツ。

ビターチョコでコーティングしたドーナツの中に、国産栗のリッチなマロンクリームをぎゅっと詰め込んだ秋のおいしさが口いっぱいに広がる商品で、猫の耳はさくさくのクラッカー、目玉はホワイトチョコ、鼻とヒゲはキャラメルチョコで仕上げるなど1個で色んな味を楽しめるほか、アンパンの飾りとしても使われる小さな粒々(ポピーシード)が口ひげのようにトッピングされているのでプチプチとした食感も楽しむことができます。

毎年人気の「パンプキン カスタード ジャック」は、ふわふわなドーナツの中にカボチャを使った滑らかなパンプキンカスタードクリームを注入。パンプキンチョコでコーティングした表面には、ビターチョコでいたずらっぽい表情のハロウィンジャックが描かれているほか、頭のてっぺんにあるカボチャの種でカリッとした食感を加えています。

見た目のインパクトがある「アップル キャラメル モンスター」は今年初めて登場した新作ドーナツで、秋に実るリンゴがひとつ目のモンスターに変身。ふわふわの生地にまろやかなキャラメルチョコをコーティングし、その上から青森県産リンゴ果汁を使った甘酸っぱくてジューシーなナパージュを重ねてデコレーション。ホワイトチョコのひとつ目に、ビターチョコの瞳と口がおどけた表情を演出していて、こちらもアクセントにリンゴの芯をイメージしたかぼちゃの種が添えられています。

販売期間はいずれも2019年9月11日(水)〜2019年10月31日(木)までの期間限定。一部を除くクリスピー・クリーム・ドーナツの店舗にて販売されています。


関連記事

Cat Pressの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索