中に飲み物を注ぐと動物などの姿がくっきりと現れるガラス製のコップ「GOODGLAS(グッドグラス)」から、新作となる「タマ&フレンズ」のアイテムが発表されました。

コップの内側にもう一つコップがあるような複雑な形状をしていますが、これは内側と外側のガラスによる2層構造を採用した、いわゆる「ダブルウォールグラス」と呼ばれる製品。中間層にある空気が断熱材の役割を果たしてくれるため保温効果が高く、熱いドリンクの場合は素手でグラスを持つことができるほか、冷たいドリンクの場合は結露による水滴を防止してくれるスグレモノ。

GOODGLAS(グッドグラス)はそんなダブルウォールグラスを製造販売している台湾のブランドで、中に飲み物を注ぐと色んな形が現れる「デザインダブルウォールグラス」のパイオニア。日本では2018年からアイワ工業が販売を開始し、特に猫や犬などの動物シリーズが人気を集めています。

今回は1980年代〜90年代にかけて一世を風靡した猫のキャラクター「タマ&フレンズ」とコラボ。

「タマ&フレンズ」に登場する10キャラクター(タマ、ゴン、ノラ、ポチ、コマ、ベー、モモ、 トラ、クロ、ブル)をそれぞれダブルウォールグラスで表現したアイテムで、例えば三毛猫の「タマ」の場合は中身を空にして逆さにするとこんな感じ。顔や耳、ヒゲ、模様などの部分はグラスが着色されているため空の状態でもキャラクターを識別することはできますが、中に真っ白なミルクを注ぐとその表情が鮮明となり、キャラクターをリアルに再現することができます。

ドリンクはキャラクターの本来の色に合わせると本物感がアップ。例えば黒犬キャラの「クロ」の場合は、コーヒーやココアなど黒系で濃い目のドリンクを注いでみるといい感じに。逆にオレンジジュースやトマトジュース、スムージーなど、カラフルなドリンクを注いで普段とは違った雰囲気のキャラクターを手軽に表現できるのも「GOODGLAS」ならではの楽しみ方。

この「タマ&フレンズ」のダブルウォールグラスは、2020年1月20日から幕張メッセで開催される「第3回 国際雑貨EXPO春」で展示されるほか、グッドグラスジャパンの公式サイトでは数量限定で先行予約を受付中(3,900円/1個)。販売は2月下旬から3月中旬頃が予定されています。