外の厳しい環境で暮らしている野良猫は、怪我をしたり体力を消耗しないようにするため、無用な喧嘩を極力避けようとする習性があります。

例えば、なるべく他の猫と会わないようにする、会ったとしても気づかないふりをする、会っても近づかないようにする、視線を合わせないようにするなど、その行動はさまざまですが、時には衝突を避けるために譲り合ったりするなんてことも。しかし時には、仲良し家族のように群れを成していたり、恋人同士のように親しげに寄り添い合っていたりする猫を見かけることもあり、その微笑ましい光景は私たちの心を和ませてくれます。

そんな外猫たちの愛情表現をテーマにした写真集が2月18日にワニブックスより刊行されます。

本書はゆったりした時間が流れる日本全国の島々をめぐって、のびのびと暮らす猫たちの自然な触れ合いの瞬間をとらえた写真集で、チュッと鼻キスをしたり、熱烈ハグをしたり、ぴったり寄り添い合う姿など、愛くるしい猫たちの写真約100点が収録されています。

もともと旅好きで全国を巡っていたというsimabossnekoさんは、昔から猫好きでもあったことから猫島に行ってみようと思い立ち、訪れたとある島で堂々としたボス猫に遭遇。そのふてぶてしくも可愛いしぐさに魅了されたことがきっかけで、カメラを手に島へ通って猫の撮影をするように(simabossnekoという名前も、よく見るとシマボスネコ!)。

島で猫を撮る時は3日〜5日ほど宿泊し、時間をかけて実施。ゴミを持ち帰るなど現地のルールを遵守するのはもちろん、島民の人々への挨拶(こんにちは、お邪魔しております等)をして、コミュニケーションを取りながら撮影を重ねているのだそうで、これまで日本全国で訪れた島の数は30以上。撮影した写真はインスタグラム(@simabossneko)で公開しているほか、写真展の開催、テレビ・雑誌に写真を提供するなど幅広い活動を行っています。