殺処分される寸前に救われた猫や犬などの動物を被写体とした「いのちをつないだ♡ワンニャン写真・動画コンテスト2020」の受賞作品が公開されました。

このコンテストは「買わずに飼ってね」がコンセプト。

猫や犬を飼いたいと思った時にペットショップなどの業者から買うのではなく、保護された動物の里親になったり地域猫の世話をする選択肢があること、そしてその素晴らしさを知ってもらうことを目的に2010年から毎年開催されており、公益財団法人「どうぶつ基金」が主催しているほか、環境省や大阪府などの公共機関も後援。

著名デザイナーの森田恭通さん、上方落語協会会長の桂文枝さん、はっちゃん日記などで知られる写真家ユニットの八二一(はにはじめ)さんら審査員によって応募の作品の中から優秀作品を選定し、各賞に選ばれた作品の応募者には賞金や賞品などが贈呈されています。

例年は入賞作品を会場に展示する写真展も同時に開催されていますが、2020年の今年は新型コロナウイルスの影響により中止が決定。代わりにWEBで作品が公開されており、本記事ではその中から猫を被写体とした作品を撮影者のメッセージと共にご紹介します。

<対象となる被写体>
行政からの譲渡、動物愛護団体や個人ボランテイアから譲渡された猫、町で保護した猫、さくら耳のさくらねこや地域猫が対象。ペットショップなど、業者から購入した猫は対象外。

■環境大臣賞
「我が家の王様」
<作品メッセージ>
熊本で保護されたお母さん猫が子供を産んだのが、震災の翌日でした。余震の続く中、あちこちにもらわれた子猫のうちの1匹が”珀”でした。最初福岡の方にもらわれ、滋賀県の我が家に来たのは1歳を過ぎてからでした。当初は緊張していましたが、4才になった今ではこんなに無防備な姿で我が家の王様になっています。