【キャラペディアンサー】キャラペディック音楽祭出演アーティスト「劇団ドリームクラブ」アイリ役「桜羽萌子」さんの場合。

【キャラペディアンサー】キャラペディック音楽祭出演アーティスト「劇団ドリームクラブ」アイリ役「桜羽萌子」さんの場合。

アニメ漫画好きのタレント、アーティスト、芸人、声優・・・、それぞれの好きなアニメ、漫画、キャラクターの「BEST3」を答えて頂く『キャラペディアンサー』。今回は、11月13日におこなわれたキャラペディア公式イベント「キャラペディック音楽祭#03」にも出演した「劇団ドリームクラブ」から、アイリ役「桜羽萌子」さんにクエスチョン。

■好きなアニメ・漫画作品のベスト3をそれぞれ教えて頂けますか?

1位:『旧美少女戦士セーラームーンシリーズ』

たくさん泣かされて、でもそれ以上にたくさん笑わせてくれた、私の人格形成に多大な影響を与えた特別で大切な作品。キャラクター、声、演出、ストーリー、テンポ、絵、BGMなどなどトータルして素晴らしいです。ここまで、ある意味で時代を感じさせないクオリティ且つ何度でも見たくなる作品にはこの先出会えないだろうなと思っています。この宇宙に生きる全ての生き物は、みなカラダの中に星の輝きを秘めている。ひとりにひとつ。この言葉が今も胸の中で息づいています。

2位:『こどものおもちゃ』

漫画原作で、原作アニメ両方甲乙つけがたいと思った初めての作品。また初めて自分自身で購入した漫画でもあるのでそういった意味でも思い入れ深いです。大人が読んでも思わず唸ってしまうような社会問題も盛り込まれていながら、自分はいつだってたくさんの人に支えられて背を押されて、だから頑張れた、頑張ってきたんだ。そんな強く、前向きな気持ちを思い出させてくれる作品です。

3位:『フルーツバスケット』

一言で言ってしまうと名言で出来た作品。一見平凡な、けれどやさしい心を持ったひとりの女の子をきっかけに各々が悩み苦しみもがきながらも前に進もうとするお話です。立ち止まってしまいそうな時、迷ったとき、そっとこの本を開きます。正解では無いのかもしれない、偽善かもしれない、それでもこのものの存在は私の心を切なくもやさしく、そっと前を向かせてくれるのです。

■好きなアニメ・漫画キャラクターのベスト3をそれぞれ教えて頂けますか?

1位:『月野うさぎ(美少女戦士セーラームーン)』

友達にも弟にも、未来の娘すらドジでおマヌケの泣き虫うさぎとからかわれるくらいおっちょこちょいのうさぎちゃん。だけど誰よりもやさしくて、大切な人たちのためなら誰よりも強くあろうとする、いつだって信じることを諦めない強い戦士。月の光のようにやさしくみんなを照らしてあたたかいパワーで護るみんなのママは永遠の憧れです。

2位:『草摩紅葉(フルーツバスケット)』

紅葉くんは一見子供っぽい外見や言動をしているけれど内面はとっても大人びています。間違っていると思ったことに対してはどんな相手だろうと立ち向かう。そしてどんなに辛く悲しい思い出もいつかそんな思い出に負けない自分になれると信じたいから、忘れたくない。そんな強い心を持ったやさしい男の子。彼の人間性に惹かれました。

3位:『ヒノアラシ(ポケットモンスター)』

突然のポケモンです(笑)ヒノアラシはとっても臆病でいつも背中をまるめてるような子。だけど本当はとってもとっても強いんですよね。かわいいビジュアルと声も単純に好きです。ひのひの。

■『アニゲウォッチャー斎藤ゆうすけが選ぶ80年代女性ヴォーカルアニソンTOP10』の結果についてはいかがでしたか?

今回は知らない曲ばかりだったのですがどれもキャッチーで自分も歌ってみたいと思うようなものばかりでした。私の所属する劇団ドリームクラブのメンバーのお友達(笑)が歌っていた番外編のアッセンブルインサートも最高にアツくて最高にキュートな曲でしたよね。私も今度カラオケで歌いたいです!

■印象的なアニメ・漫画のセリフは?

やれば、できるかもしれない。でも、やらないと絶対にできない。...桜満集は、臆病な人?(ギルティクラウン 楪いのり)

悩みましたがこの台詞にしました。大人になるにつれ理由をつけては諦め逃げることに慣れてきてしまっていた時、この静かな問いかけが心に突き刺さり改めて本心や未来について考えました。この時自分の在り方に迷いが生じていたから私は今、ココにいます。やろうとしないのは、何もしないのと一緒。心を殺しているのと一緒。やりたいと思うことがあるなら、変えたいと願う未来があるならイマ、やらないと!心が臆病になりそうな時はいのりちゃんの言葉を口にして自分を煽っています。

■もっとも印象に残っているアニメソングは?

unravel(東京喰種OPテーマ TKfrom凛として時雨 )

初めてこの曲を聞いた時は鳥肌がたちました。私は元々TKさんの大ファンなのですが、贔屓じゃなく自分の世界観を全く崩さずアニメの内容にも合う曲を作るのが本当にすごい。言葉を紡ぐ声すら曲を構成するひとつの音となり、現在と未来の狭間に揺れる心の囁きと叫びに魂が震えます。目を閉じればそこに浮かぶのは様々な光と色彩の波。ぜひ静かな場所で目を閉じて、じっくり聞いてみて欲しい1曲です。

■最後に読者の皆様へ一言!

初めまして、桜羽萌子(さくらばもえこ)です。普段はお仕事と茶道の師範をしながらフリーで役者をしています。現在はゲーム「ドリームクラブ」の制作会社D3P公認の2.5次元ユニット、劇団ドリームクラブでアンドロイドのアイリちゃん役としてライブや対バン、イベントの活動させていただいてます。桜羽としてはshowroomやtwitterに生息していているのでいつでも気軽にゆるーりお話しに来てくださいね!

というわけで、「劇団ドリームクラブ」からアイリ役「桜羽萌子」さんの『キャラペディアンサー』でした。

関連記事

キャラペディアの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索