船頭、船の屋根と橋桁に頭はさまれ死亡 香取の小野川

 11日午前10時5分ごろ、千葉県香取市佐原イの一級河川・小野川に架かる中橋下で、船頭として観光船前部で操船中の70代男性が、同橋下の主桁(しゅげた)と船の屋根に頭をはさまれた。男性は同市内の病院に搬送されたが間もなく死亡した。乗客約10人ともう1人の船頭にけがはなかった。香取署は男性の身元確認を急ぐとともに事故原因を調べている。

 同署によると、男性は船首でさおを持って立ち、かじ取りをしていたという。中橋の下を通過中に、男性が何らかの理由で頭を突き出した際にはさまれた。

 船は長さ約7メートル、幅は最大約2メートルで船外機の付いた小型船。船は雨天のためテント張りの屋根を臨時に取り付けていた。水位もやや上がっていたとみられる。

 観光船運営会社のホームページや香取署によると、観光船は小野川沿岸の江戸風情が残る古い町並みを楽しむことができ、往復約2・2キロを約30分かけて遊覧する。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

千葉日報の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

千葉のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索