“地球遺産”が千葉・市原に 「チバニアン」期待膨らむ地元

 「“地球遺産”が地元に生まれる」「地域の知名度はぐっと上がる」−。77万年前の地磁気逆転を示す千葉県市原市田淵の地層について、国立極地研究所が国際学会での1次審査通過を発表した13日、地元関係者は「チバニアン(千葉時代)」が誕生する見通しとなったことに喜びを爆発させ、地域活性化への期待を膨らませた。

 チバニアンを巡っては、「近く結果が出る」と言われ続け、はや数年。関係者が「まだか」と見守る中で訪れた吉報に、希望者向けに現地案内を続けてきた同市の堀内正貫さん(76)は「良かった」と安どの声を漏らした。

 ライバルのイタリアとの争いでは「勝とうが負けようが(同市の地層の)価値は変わりない」という考えだが、チバニアンが正式決定すれば「地域の知名度が上がることは確か」。元高校地学教師としては「地学を学ぶ学生が増えれば」と期待を込める。

 一方、「地元としても喜ばしい」と話すのは、現地への道を整備するなど精力的に活動してきた田淵町会の元町会長、山田博男さん(69)。チバニアン誕生の見通しに地域住民は沸き立ち、「みんな『田淵が全国的に知られる』と喜んでいる」という。

 ただ、今後は来訪者数の大幅な増加が見込まれるため、受け入れ態勢の拡充が急務となる。現状では十分に整備された駐車場やトイレがなく、「このままでは気掛かり」と山田さん。可能な範囲で対策を考えるつもりだが、「県や市にも動いてほしい」と注文する。

 養老川沿いにあり、月崎駅からアクセスできる地層を「パワースポット」として紹介してきた小湊鉄道の石川晋平社長は「地球史に残る“地球遺産”」と喜びの声。現地への案内役として「77万年前と対峙(たいじ)できる“時空旅”を演出していければ」と意気込む。

 市学校教育課の斎藤和則さん(47)らは昨年、地層の成り立ちなどを紹介する小中学生向けDVDを作成。小学6年と中学1年の授業に取り入れている。「教科書に載るかもしれないと思うと非常にうれしい。重要な地層が身近にあるのを誇りに思う子どもも多いだろう。地質学や理科にさらに興味を深めてもらいたい」と声を弾ませた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

千葉日報の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

千葉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索