<マグロ>堂々301キロ水揚げ 今冬最大サイズ /勝浦

<マグロ>堂々301キロ水揚げ 今冬最大サイズ /勝浦

 千葉県勝浦市の勝浦漁港で6日、今冬最大のサイズとなる301・4キロのクロマグロが水揚げされた。持ち込んだのは同市の第18康栄丸。中ノ谷篤船長(33)は「引きが強かった。船に揚がってほっとした」と笑顔で話した。

 クロマグロは高級で知られる。中ノ谷船長は昨年12月に433・9キロの超特大サイズを捕っており、「もっと大きなマグロを釣りたい」と、今月下旬からピークを迎える漁に期待していた。

 港にはキハダマグロ110匹、カジキ類11匹も並び大にぎわい。漁協職員らが入札の準備を整えていた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

千葉日報の他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

千葉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索