千葉市稲毛区長沼原町の住宅で22日午後5時40分ごろ、この家に住む鎌田悠愛ちゃん(1)が刃物のようなもので刺され、搬送先の病院で死亡した。千葉北署によると、30代の母親も家の中で自身を刺したような状態で倒れていた。同署は外部から侵入した跡がないことなどから、母親が殺害に関与したとみて捜査を進めている。

 同署によると、悠愛ちゃんが刺された直後、同居する祖母が「娘が刃物を持って自殺しそう。赤ちゃんが死んじゃう」と110番通報。同署員が駆け付けると、玄関先にいた祖母が血を流し泣いている悠愛ちゃんを抱きかかえていた。

 悠愛ちゃんの刺し傷は数カ所あり、病院搬送から約3時間後に死亡が確認された。母親にも刃物のようなもので刺した傷があり、命に別条はないが入院している。同署は回復を待って事情を聴き、詳しい状況を調べる。

 同署によると、悠愛ちゃんは母親と祖母、曽祖母との4人暮らし。母親には精神疾患があり、通院していたとの情報もある。同署には、2017年2月ごろから家庭内のけんかなどに関する相談が複数回寄せられていたが、児童虐待に関する相談や事実確認はなかった。

 同署は昨年10月ごろ、夫婦げんかによる精神的虐待の疑いで千葉市児童相談所に通告。同児相によると、約2カ月後に母親と連絡した際、夫と別居したことが分かり悠愛ちゃんの安全確認が取れた。また、悠愛ちゃんについて市要保護児童対策地域協議会で、昨年2月と3月に2度情報共有が行われており、初回は親族も参加したという。

 市健康支援課によると、新生児訪問や4カ月検診に応じており、夫からの相談で複数回自宅訪問をすることがあった。

 現場近くに住む女性は、悠愛ちゃんが家族に抱っこされて散歩しているところを見たことがあるといい「まさか近所で事件が起こるとは」と声を震わせた。70代の女性も「驚きしかない」と話した。