佐倉市長選 西田三十五氏に当選証書「市民の応援団長としてがんばる」

佐倉市長選 西田三十五氏に当選証書「市民の応援団長としてがんばる」

 21日投開票された佐倉市長選挙で現職を破って初当選した新人の西田三十五氏に23日、当選証書が授与されました。任期満了に伴う佐倉市長選挙には現職と新人合わせて4人が立候補し、投開票の結果、元県議会議員の新人、西田三十五氏が2万4420票を獲得し、1190票差で現職の蕨和雄氏に競り勝ちました。

 23日、佐倉市役所では当選証書の授与式が行われ、市の選挙管理委員会から西田氏に当選証書が授与されました。その後、報道陣の取材に応じた西田氏は、「ほかの候補者に票を投じた人にも良かったと思ってもらえるようこれから頑張りたい」と話しました。

当選した西田三十五氏
「私は人の応援をするのが好きです。佐倉市民の応援団長として大きくこの千葉県に佐倉あり、日本国に佐倉ありということをわたし自らがPRをして、職員のみなさんと一丸となってがんばってまいりたいと思っています。今後に期待してください。よろしくお願いします」

 西田氏は連休明けの5月7日に佐倉市の新市長として市役所に初登庁する予定です。


関連記事

おすすめ情報

チバテレの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

千葉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索