銚子市の身元不明遺体 死体遺棄事件で捜査

 14日、銚子マリーナで陸揚げされていたプレジャーボートから身元不明の遺体が発見されました。警察が死体遺棄事件として捜査しています。

 警察などによりますと、14日午後1時半ごろ、銚子市潮見町の銚子マリーナの男性従業員から「長期間停泊している船舶の所有者と連絡がとれず、船(陸揚げされていたプレジャーボート)を確認したら木箱から異臭がする」と通報がありました

 船の居住スペースにあった鍵のある木箱の中を警察官が確認すると、ブルーシートにくるまれ、衣服を何も身に着けていない遺体が発見されました。遺体は腐敗がかなり進行していて年齢や性別は分かっていません。

 この船の所有者は外国人で、マリーナの使用料を数年前から滞納していて、約1年前にマリーナの従業員がボートを陸揚げしたということです。警察は遺体の身元確認を急ぐとともに、死体遺棄事件として捜査しています。


関連記事

おすすめ情報

チバテレの他の記事もみる

あわせて読む

関東甲信越の主要なニュース

千葉 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

地域選択

記事検索