授業中に女子高校生の太ももを掴んだとして、警察は14日、千葉県の県立高校の教員の男を暴行の疑いで逮捕しました。暴行の疑いで逮捕されたのは東金市日吉台在住で旭市内にある県立高校の教員、今村哲大容疑者(44)です。

 警察によりますと今村容疑者は、去年10月、1時間目の数学の授業中、教壇の椅子に座った今村容疑者の背後に立った高校1年生の女子生徒2人に対し、後ろに手を伸ばして太ももを掴む暴行を加えた疑いが持たれています。被害者と保護者が旭警察署に相談したことから事件が発覚したということです。警察は捜査に影響があるとして今村容疑者の認否を明らかにしていません。

 なお、県教育委員会は今村容疑者について、女子生徒5人の体を触るなどしたとして去年11月時点で停職6か月の懲戒処分をしています。