プロバスケットボールチーム「千葉ジェッツふなばし」が千葉市内にある短大の体育館をユースチームの新たな練習拠点として使用することになりました。千葉市稲毛区の千葉経済短期大学で14日調印式が行われ、千葉経済学園の佐久間勝彦理事長と「千葉ジェッツふなばし」の米盛勇哉社長が両者の連携強化に関する契約書を取り交わしました。

 この契約により学園側がオフィシャルサプライヤーとして千葉ジェッツユースチームの新たな練習拠点として千葉経済短大の体育館を提供することになります。

 また、学生がボランティアとして千葉ジェッツの試合運営などに携わる取り組みもあるということで、学園は「実際の現場でスポーツビジネスを学ぶ機会を得ることで、人材育成の分野などでも連携を深めたい」としています。