6日早朝、浦安市の住宅で高齢の女性が首を刃物で刺されて死亡しているのが見つかり、警察は息子とみられる50代の男を逮捕しました。

 警察によりますと、6日午前5時前、浦安市当代島の住宅で、この家に住む男性から「兄が母親を刺した」と消防に通報がありました。警察や消防が現場に駆け付けると、女性が1階の台所付近で首を刃物で刺されて倒れているのが見つかり、まもなく死亡が確認されました。

 女性はこの家に住む母親(84)とみられ、警察はその場にいた自称・職業不詳で息子とみられる榎本清一容疑者(57)が母親を刺したことを認めたことから殺人未遂の疑いで逮捕しました。清一容疑者は、弟と母親の3人でこの家で暮らしていたということです。

 また、事件直前の6日午前4時半ごろ、清一容疑者と母親が、1階で口論していたのを弟が聞いたということです。警察は、容疑を殺人に切り替えて事件の経緯を詳しく調べています。