25日午前4時47分ごろ、千葉県で最大震度5弱の地震がありました。この地震による、津波はありませんでした。

 地震が起きたのは25日午前4時47分ごろで、旭市で震度5弱、成田市や市原市などで震度4を観測しました。
 気象庁によりますと、震源地は千葉県東方沖で、震源の深さは36キロ、地震の規模を示すマグニチュードは6・1と推定され、この地震による津波はありませんでした。

 県によりますと、この地震で、市原市根田の自宅で寝ていた81歳の女性が驚いて飛び起きた際に転倒し、左足を骨折したほか、いすみ市の60代の男性1人が軽いけがをしました。

 一方、地震の影響で、JR総武本線と東金線の一部区間が、始発から約4時間にわたり運転を見合わせ、通学や通勤客など8千400人に影響がありました。

 気象庁によりますと、今回の地震は東日本大震災の余震と考えられ、揺れが強かった地域では、今後1週間ほどは、最大震度5弱程度の地震に注意するよう呼びかけています。