今年2月末から休園し、7月1日に4か月ぶりに営業を再開する東京ディズニーリゾート。  新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底し、“新たな運営方法”でゲストを迎え入れます。  浦安市にある東京ディズニーランドでは29日、私服のキャストたちがゲスト役を演じ、パーク内での「感染防止対策」を公開しました。

 入口で検温を受けパークに入ると、ミッキーマウスたちが1台のフロートに乗って登場しました。通常のショーやパレードは当面休止となりますが、1日に数回、不定期で「挨拶」に来てくれるということで、鑑賞する際は、足元の目印の上に立ち、周りと距離を保つよう呼びかけています。

 当面は、座席の数を制限するなどしてアトラクションごとに3密にならない工夫を施しているということです。
 なお、再開後の営業時間は午前8時から午後8時までで、入園者数は通常の50%以下に制限し、チケットはオンラインのみで販売するとしています。

オリエンタルランド運営部 柿沼裕アトラクション運営部長
「ゲストのみなさんに安心して頂くことが第一ですので、そのために今できる対策を全て講じてきました。今の状況の中で出来る最高のおもてなしで、みなさんと一緒にパークのハピネスを作っていきたいと考えています」

 東京ディズニーランドと東京ディズニーシーは、いよいよ7月1日に営業再開です。