初夏を彩るユリ、袖ヶ浦市にあるテーマパークでは色とりどりのユリが咲き始め、今五分咲きとなっています。

 袖ケ浦市永吉のテーマパーク東京ドイツ村では、県内最大級という1万平方メートルの敷地に植えられた67種類30万輪のユリが色鮮やかに咲き始めています。今は五分咲きほどですが、イエローストライクやオリエンタルファイヤーバスなどの早咲きの品種のユリを鑑賞できるということです。

 東京ドイツ村では、新型コロナウイルス感染防止対策のため現在も一部の屋内施設を休止していますが、担当者は「ぜひこのユリを観にきていただき癒されてほしい」と話しています。

 東京ドイツ村のユリは、7月中旬まで楽しめるということです。