千葉県内では30日、新たに7人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。新規感染者7人は、5月25日の緊急事態宣言の解除後、最も多い数です。

 県などによりますと、30日新たに感染が確認されたのは、20代から70代の男女7人で、このうち4人は感染経路が不明です。また、7人のうち松戸市の30代男性は県内の高齢者施設に勤める介護職員で、発症前の2日間も出勤していて、ほかの職員や入所者が濃厚接触者にあたるかどうか調査しているということです。

 県内で新規感染者が確認されるのは9日連続で、新規感染者7人は、5月25日に緊急事態宣言が解除されてから最も多くなりました。県内の新型コロナの感染者の累計は964人となり、死者は45人です。

 また、再び休業要請するかどうかを判断する県独自の指標の1つ、「新規感染者数の直近7日間平均」は4.4人となっています。