6日、千葉県内では新たに10人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

 県などの発表によりますと、新たに感染が確認されたのは10代から80代までの男女9人で、このうち5人が30代までの若い世代だったということです。
 9人のうち5人は都内との往来が確認されていて、通勤だけでなく、居酒屋や接待を伴う飲食店に行った人もいたということです。

 一方休業を再要請するかどうか判断するため県が独自に設けた3つの指標は、全ての項目で警報レベルを超えていて、直近7日間の平均の新規感染者数は9.4人、新規感染者数の1週間単位の増加比は2.44、PCR検査の陽性割合は4.05%となっています。
 特に直近7日間の平均の新規感染者数はおとといの専門学校での集団感染が影響し、7日に11人以上の感染が確認された場合、休業の再要請の目安である10人に達するということです。

 また県の発表とは別に船橋市は、市立二宮小学校に通う児童1人が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。
 感染経路や濃厚接触者については、現在調査中だということです。  県内での新たな感染者は、この児童を含めて10人となります。

 児童の感染を受けて二宮小学校は7日から7月10日まで臨時休校に入り、その間に校内の消毒などを行うということです。

 県内の感染者数は累計で1024人、死者は45人となっています。