浦安市にある東京ディズニーランドの“大規模開発エリア”が9月28日にオープンすることになりました。

 東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドは、約3年の工期で完成させた大規模開発エリアを、9月28日にオープンすると発表しました。

 最大の目玉は、高さおよそ30メートルの「美女と野獣の城」の中にある大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」です。映画の名曲にあわせて動く魔法のカップに乗って名シーンをめぐり、世界観を体験できるというものです。
 さらに、世界中のディズニーパークで初となる、映画「ベイマックス」をテーマにしたアトラクションや、人気キャラクターのミニーハウスに会える施設など、開発エリアとしては東京ディズニーランド史上最大規模となります。

 当初は今年4月にオープンする予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期されていました。
 当面の間は、新施設の利用人数の制限などを実施し、慎重に運営していくとしています。