駐車場の年間収入、初の1億円 福井駅西口地下

駐車場の年間収入、初の1億円  福井駅西口地下

 福井市中心部に位置する福井駅西口地下駐車場の年間料金収入が二〇一六年度、初めて一億円を突破したことが分かった。利用台数も目標の一日平均六百台に達し、同年四月開業の駅西口再開発ビル「ハピリン」効果が鮮明に表れた。
 同駐車場は県が整備し、〇七年十月にオープン。管理運営を民間に委託しており、現在は一時間三百円(入庫三十分は百円)、一時間以降は三十分ごとに百円が加算される。県道路保全課によると、一六年度の料金収入は一五年度比12・2%増の一億六百八十三万一千円だった。一年間の統計がある〇八年度以降は、七千百万〜九千五百万円と増加傾向にあったが、一億円の大台には届いていなかった。
 一六年度の利用数は、同7・3%増の二十一万九千百五十四台。以前は入庫後三十分の無料サービスがあったが、廃止された一四年度以降は三万五千台ほど減って、二十万台で推移していた。
 同課の担当者は「ハピリン開業で駅周辺のイベントが多くなり、利用と収入の両方が増えた」と話す。月別では、開業後の五月に唯一、二万台を超えた。
 八月と十二月、三月の長期休暇の時期は、まちづくり福井主催のイベントなどで一万九千台と堅調だった。
 コインパーキングの企画・運営などを手掛ける日本システムバンク(福井市)と共同で指定管理者になっている福井駅前商店街振興組合の加藤幹夫理事長は、好調を喜びつつ「駐車場運営は受け身。いかに周辺で注目度の高いイベントを企画できるか」と見通す。
 (山本洋児)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

福井のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索