海を行く山車、幸祈る 明和町、大淀祇園祭

海を行く山車、幸祈る  明和町、大淀祇園祭

 明和町大淀の大淀祇園祭と花火大会が五日、大淀漁港一帯であり、山車を船に載せて海上渡御し、無病息災や豊作、豊漁を願った。夜には二千二百発の花火が打ち上げられ、祭に花を添えた。
 ちょうちんで飾られた山車は地元住民にひかれて地域を回った後、漁港でのぼり旗を立てた船に載せられ漁港内を回った。午前中の雨とは打って変わって晴れ上がった空の下、勇壮で優雅な姿を披露した。祇園祭は二百六十年以上の歴史があるとされる。

 (目黒広菜)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

三重のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索