平和の祈り風船に託す 広島原爆72年、三井寺で法要

平和の祈り風船に託す  広島原爆72年、三井寺で法要

 広島への原爆投下から七十二年を迎えた六日、大津市園城寺町の三井寺で、犠牲者の追悼と世界平和を祈る法要があった。参拝者約百人が、平和への願いを込めて風船を空に放った。
 境内の観音堂に集まった参拝者は、原爆が投下された午前八時十五分に合わせて黙とう。福家英明(ふけえいめい)長吏(92)らが読経し、犠牲者の冥福を祈った。
 続いて、平和を願うメッセージが書かれた千五百個の風船を、合図に合わせて一斉に飛ばした。風船には参拝者が平和への願いを書いた短冊もくくりつけた。
 大津市長等の岡田群星ちゃん(5つ)は、広島平和記念資料館を訪れたことを思い出し「あんなことがここで起きたら怖い」と話し、父の隆介さん(37)は「戦争や原爆で何が起きたのか、親が子どもたちに分かるように伝えていくことが大事だと思う」と、平和への誓いを新たにした。

 (野瀬井寛)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

関西の主要なニュース

滋賀のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索