中京大中京、満員のスタンド想像 甲子園で開会式リハ

 第九十九回全国高校野球選手権大会の開幕を控え、開会式のリハーサルが六日、兵庫県西宮市の甲子園球場であり、県代表の中京大中京の選手たちも力強く行進した=写真。
 前年優勝校で栃木代表の作新学院をはじめ四十九校が登場。中京大中京は、愛知大会の優勝旗を持った伊藤康祐主将(三年)を先頭に歩いた。リハーサルを終えた鈴木遼太郎捕手(同)は「観客で埋め尽くされるスタンドの雰囲気を想像して、わくわくした。試合するのが待ち遠しい」と笑顔を見せた。
 大会本部は六日、台風の影響のため七日に予定していた開会式を八日に順延することを発表した。
 中京大中京は大会四日目の十一日、第一試合で広陵(広島)と対戦する。
 (安福晋一郎)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

愛知のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索