「切り通し」閉鎖など要望 長浜市長、台風5号被害で知事に

「切り通し」閉鎖など要望  長浜市長、台風5号被害で知事に

 台風5号で姉川が氾濫した長浜市の藤井勇治市長が十日、県庁を訪れ、復旧に向けた支援のほか、氾濫の原因となった堤防の「切り通し」の閉鎖などを三日月大造知事に要望した。
 藤井市長は「全国でも少ない切り通しに問題があり、いつ氾濫がまた起きるか分からない。地元住民の意見を尊重しつつ、閉鎖に向けて見直してもらいたい」と要望した。
 三日月知事は「県と市、地元で会議を持ち、切り通しをどうするか話し合いたい」と返答。県北部地域の河川整備スケジュールにも触れ「前倒しで事業促進したい」と述べた。
 藤井市長は同日夕、氾濫被害で十六世帯が浸水した同市大井町を訪れ、県への要望結果を自治会に説明した。饗場富蔵会長(59)は、自治会が管理を任されている切り通しについて「気象予報のプロではないので、閉めるかどうかの判断はできない。今後は県で判断してほしい」と訴えた。

 (角雄記、渡辺大地)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

関西の主要なニュース

滋賀のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索