平和のバトン、聞き継いで 岐阜で戦争体験語る夕べ

平和のバトン、聞き継いで  岐阜で戦争体験語る夕べ

 終戦の日を前に、戦争の悲惨さや空襲の体験を後世に伝える「戦争体験を語り継ぐ夕べ」が十一日、岐阜市司町の図書館複合施設「ぎふメディアコスモス」で開かれ、参加した四十人が、平和の尊さに思いをはせた。
 同市元宮町の国井あい子さん(90)は、一九四五(昭和二十)年七月九日夜から十日未明にあった岐阜空襲について語った。米軍の爆撃機B29が落とす焼夷(しょうい)弾の火から逃れるため、どぶ川に飛び込んだことや、夜が明けると、真っ黒になった遺体がそこら中に転がっていたことなど悲惨な体験を話した。最後に「平和を守る心を、次の世代の人たちにバトンタッチをしたかった」と思いを披露した。
 岐阜市のボランティアグループ「おもと会」が主催した。原爆を落とされた広島市の記録映画が上映され、ほかに意見交換などもあった。
 森淳子会長(83)が、自身の戦争体験を若い人に語り継ごうと、今年初めて開いた。森会長は「戦争は絶対にだめです。このことを伝えたかった」と話した。

 (高橋貴仁)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索