福井空襲、生々しく 越前市で焼夷弾の筒展示

 一九四五(昭和二十)年七月の福井空襲で投下されたとされる焼夷(しょうい)弾の筒が、越前市中央図書館で展示されている。
 六角形で金属製の筒は長さ四九・五センチ、直径最大七・七センチ。中は空洞になっている。
 池田町定方に住んでいた内藤奥忠さん(83)の父奥治郎さんが戦後間もないころ、福井市の建設現場で同僚から譲り受けた。奥忠さんが町内の高齢者向け住宅に転居したため今年四月、記者に「平和のために役立ててくれる人に渡してほしい」と譲り渡した。
 七月下旬に記者が中央図書館でのパネル展「旧武生の戦争秘話」(九月六日まで)を取材。その際、図書館側から貸し出しを依頼された。
 会場では、焼夷弾は子爆弾と呼ばれる同タイプの筒を大量に束ねて投下し、空中分解して地上に落下すると燃え上がったとする説明を添えている。
 筒の前で足を止めて見る来館者は多く、橋本美帆館長は「生々しい戦争遺産。平和の大切さを改めて感じるきっかけになっている」と意義を話す。内藤さんは「戦争はもう起きてほしくないという思いで見てほしい」と願っている。

 (山内道朗)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

福井のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索