高商 全力で臨む きょう東海大菅生と初戦

高商 全力で臨む  きょう東海大菅生と初戦

 全国高校野球選手権大会七日目の十四日に初戦を控える高岡商は十三日、兵庫県西宮市の野球場で、対戦する東海大菅生(西東京)の投手陣を意識した打撃練習などに励んだ。(向川原悠吾)
 140キロ前後の直球を繰り出す投手を五人そろえる東海大菅生。相手の速球に対応するため、打席と投球マシンの距離を近づけての練習では、選手らは快音を響かせた。
 投手陣は全員が三十球ほど投げ込んだ。エースの土合伸之輔主将(三年)は「相手は強力な打者がそろっている」と警戒。「自分の持ち味の制球力や変化球を武器に打ち取りたい」と意気込んでいた。
 吉田真監督はチームの雰囲気を「みんな試合がやりたくてうずうずしている」と評し、「選手には自分たちのできることをやろうと言ってきた。十四日は全力で試合に臨みたい」と話した。 
熱中症対策 Vへのカギ
春の九回、途中降板を教訓
エース・土合主将 「投手全員で勝つ」
 春夏連続で甲子園出場を果たした高岡商。エースで主将の土合伸之輔選手(三年)は春のセンバツで先発したものの、九回途中に熱中症で降板。完投できずに初戦敗退した悔しさは今も忘れていないが、「チームの勝利を最優先に投げる」と、継投も視野に入れた戦略を練る。
 「あの時はもう腕が固まって動かなくなってしまいました」。センバツでは試合終盤から腕がつり始めた。痛みに耐えながら投げ続けたが、腕が伸ばせなくなり交代した。
 昨夏から試合中に腕がつるようになったといい、「くせになってきた」と不安視する。漢方薬やサプリメントを試し、脱水症状にならないよう試合中に水分を多く取るようにもしてきたが、今夏の富山大会の初戦でも途中で腕がつってしまった。
 「走り込みとか、今までいろんなことしてきたのに…」と土合主将。「投げきるのがエースの仕事」と気負い、試合では完投を目指していたが、「投手陣全員で勝つ」と気持ちを切り替えた。
 富山大会では四人の継投で勝ち抜き、決勝は春から急成長した左腕・山田龍聖投手(二年)が完投した。センバツで投げた身長一九〇センチの伏見拓真投手(三年)も控える。
 土合主将は「いい投手がそろっている」と仲間に信頼を寄せる。「自分はいけるところまで最善を尽くすだけ。全員で投げきることが、自分にとっての熱中症対策です」 (向川原悠吾)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

富山のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索