養老軒甘味処、14日オープン アスティ岐阜

養老軒甘味処、14日オープン  アスティ岐阜

 フルーツ大福で親しまれる川辺町の和菓子店「養老軒」が十四日、JR岐阜駅隣接の商業施設・アスティ岐阜一階に甘味処「あんカフェ養老軒」をオープンする。
 店内では、あんみつやぜんざいなど自家製あんを使ったデザートのほか、果物やわらび餅をチョコレート入りの抹茶ソースにつけて食べる「抹茶フォンデュ」など約四十五種類のメニューが楽しめる。店頭ではフルーツ入りの大福やどら焼きなど約十五品目を販売する。三十席で、営業は午前九時〜午後九時。
 十三日には一足早く、関係者向けにプレオープン。抹茶クリームあんみつに舌鼓を打っていた岐阜市の会社員女性(24)は「あんも抹茶も本格的な味。落ち着く雰囲気で、また来たい」と話していた。
 アスティ岐阜では六月から西側エリアの改装工事が進んでおり、今月十四日にリニューアルオープンする。あんカフェ養老軒は、これまでゲーム機が置かれていた催事場(約百二平方メートル)に新規出店する。

 (小倉貞俊)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜のニュースランキング

ランキングの続きを見る

地域の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索