中3の9割超が受検か 10月の英検、加点制度導入で

 来春実施の県立高校入試から導入される英検三級以上の取得者への加点制度に絡み、東村健治県教育長は二十五日、十月六日に一次試験が行われる英検で、三級以上を受検する県内の中学三年生は約七千二百人が見込まれると明らかにした。中三全生徒(約七千五百人)の九割以上に当たり、昨年十月英検の五・四倍に膨らんだ。
 県議会予算決算特別委員会で、野田富久委員(民進・みらい)の質問に答えた。県教委によると、三級に約四千八百人、準二級に約二千人、二級に約四百人が受検する予定。英検は年三回(一月、六月、十月)実施されるが「来年三月の県立高入試に反映される最後の検定となるため、受検予定者が増えた」とみている。
 野田委員は「中学校で学習しない準二級、二級まで加点対象にするのはおかしい」と制度の再見直しを訴えたが、東村教育長は「三年程度は(現在の仕組みで)実施したい」と従来通りの考えを述べた。
 (尾嶋隆宏)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

福井 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索