ニホンライチョウ4羽、成鳥並みに 大町、6〜7月にふ化

ニホンライチョウ4羽、成鳥並みに  大町、6〜7月にふ化

 大町市の市立大町山岳博物館は十一日、人工飼育している国の特別天然記念物ニホンライチョウ四羽の画像などを公開した。同館で六〜七月にふ化した四羽は成鳥並みに成育し、白色の冬羽を帯びつつある。成育は順調という。
 上野動物園(東京)から運ばれた卵から六月二十一日にふ化した二羽は、体重が雄は四六七グラム、雌は四一〇グラム(いずれも四日時点)。大町で産まれた卵から七月二日にふ化した雌二羽の体重は四四〇グラム、四三九グラム(いずれも八日時点)。
 四羽とも、足から頭までの高さは約三〇センチで、くちばしの周りから腰にかけても冬の白い羽が目立つ。「ピヨピヨ」と鳴いていたが、現在は雄が「ガーガー」、雌が「クークー」と声変わりもしている。
 アワやヒエなどの配合飼料に、刻みリンゴを混ぜた餌などを元気よく食べ、ふんから問題のある細菌や寄生虫は検出されていない。
 同館の担当者は「十一月下旬には羽は真っ白になる。慎重に飼育し、冬を越させてあげたい」と話している。
 (林啓太)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

長野 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索