Dプリンセス、14日に敦賀寄港 にぎやかに催し

Dプリンセス、14日に敦賀寄港  にぎやかに催し

 米大型クルーズ客船「ダイヤモンド・プリンセス」が十四日、敦賀港に二度目の寄港をする。市内では、日本遺産に認定された「北前船寄港地・船主集落」を伝える展示や全国のグルメ販売などさまざまなイベントが開かれ、乗船客だけでなく市民も楽しめる。
 ダイヤモンド・プリンセスは九月に敦賀港に初寄港した。県によると、乗客乗員約三千八百人が乗船。飲食費やツアー代を含め、経済効果は三千万円を上回った。
 十四日は午前八時から午後五時に、桜町のきらめきみなと館で「観光物産inみなと敦賀」を開催。北前船の歴史や寄港地を映像で伝えるミュージアムや、北前船が北海道から運んできたという昆布を使った「利きだし」体験もある。
 駐車場では、広島風お好み焼きや沖縄のソーキそばなど、ご当地グルメが販売される。近くの敦賀赤レンガ倉庫では、ダンスや大道芸、特設の鉄道ジオラマを披露。両イベントは十五日も開催される。
 各商店街では百円グッズの販売やスタンプラリーによる抽選会が楽しめ、船が寄港する鞠山北岸壁には物販、体験ブースが登場する。
 交通規制はないが、鞠山北岸壁への車両入場はできない。川崎、松栄岸壁を発着場とする無料のシャトルバスに乗車するか、敦賀港フェリーターミナル近くの臨時駐車場(約三百台)から徒歩で向かう。
 (米田怜央)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

福井 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索