福井丸岡が初優勝 フットサル全日本女子選手権

福井丸岡が初優勝  フットサル全日本女子選手権

 フットサルの第十四回全日本女子選手権は十二日までの三日間、札幌市で行われ、県勢の福井丸岡RUCKが決勝でさいたまサイコロ(埼玉)を4−2で下し、初優勝を果たした。
 女子フットサルの国内最高峰の大会。福井丸岡RUCKは二〇一四年、一五年と二大会連続で決勝に進出したが、あと一歩で優勝は逃し準優勝にとどまっていた。
 田中悦博監督は「夢がかなった。選手が諦めずにプレーしてくれたおかげ」と話し、15点を挙げて大会得点王に輝いた高尾茜利選手は「全員が絶対勝つんだと臨んだ結果。本当にうれしい」と喜びをにじませた。

 (藤共生)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

福井 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索