長浜・小谷寺の本尊開帳 みうらじゅんさん「チャーミング」

長浜・小谷寺の本尊開帳  みうらじゅんさん「チャーミング」

 戦国大名浅井家の祈願寺である長浜市湖北町の小谷寺で十八日まで、市文化財の本尊「如意輪観音半跏思惟像(にょいりんかんのんはんかしいぞう)」が開帳されている。
 金銅製で高さ二十二センチ。きゃしゃでしなやかな造形から、七世紀ごろに朝鮮半島で作られた渡来仏とみられる。
 作家のみうらじゅんさんは自著で「観音信仰の中でもっともチャーミングな仏さま」と紹介している。
 もとは秘仏とされてきたが、NHK大河ドラマ「江−姫たちの戦国」の放映に合わせ、二〇一〇年から年一回公開している。
 開帳は午前九時〜午後四時。十八日は午後三時まで。特別拝観料五百円。(問)小谷寺=0749(78)0257

 (渡辺大地)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

関西の主要なニュース

滋賀 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域のニュースを見る

地域を選択してください

戻る都道府県を選択してください

記事検索