記念事業、2月開始 松浦武四郎生誕200年

記念事業、2月開始  松浦武四郎生誕200年

 松阪市出身の探検家で、北海道の名付け親としてアイヌ民族と親交を深めた松浦武四郎(一八一八〜八八年)の生誕二百年記念事業が二月に始まる。武四郎の魅力を紹介するオープニングイベントや、武四郎の実家の公開などがある。
 オープニングは二十四日午後一時半から、松阪市川井町の農業屋コミュニティ文化センターで開催。俳優宇梶剛士さんが、アイヌ民族として文化伝承に取り組む北海道出身の母、静江さんと「武四郎の道は未来へとつづく」をテーマに対談する。民族共生を目指した武四郎の魅力を語る。
 アイヌ民族による舞踊の披露や、市民劇団「劇団松阪ドラマシティ」による武四郎の劇の上演もある。
 翌二十五日からは、武四郎が幼少期を過ごした実家、武四郎誕生地(同市小野江町)が初めて公開される。同日には武四郎記念館(同町)で恒例の「武四郎まつり」がある。館内を終日無料公開するほか、小学生の学習発表がある。
 記念事業は二月から来年二月までの一年間。武四郎が探索した大台ケ原(大台町)のバスツアーや武四郎が身に着けた首飾りのレプリカ作製などを予定している。また、記念事業の実行委員会はPRキャラクター「たけちゃん」を描いた三十センチ大のステッカー購入(千円)による協賛を募っている。(問)記念館=0598(56)6847
 (作山哲平)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

三重 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索