氷と灯りの祭典開催 高山で13、14日

氷と灯りの祭典開催  高山で13、14日

 「氷と灯(あか)りの祭典2018」が十三、十四両日、高山市千島町の飛騨・世界生活文化センターで開かれる。入場無料で、午前九時〜午後九時。日没後はライトアップもある。
 岐阜、愛知両県のホテルの調理師らでつくる中部氷彫会が毎年手掛け、十回目。髪の毛まで細かく削り出された人魚や、胸に「飛騨」という文字の入ったさるぼぼなど、五体が並ぶ。
 十二日は氷彫会の会員がドリルやチェーンソー、のみなどを使って仕上げた。
 イルカと人魚の彫刻を制作した会員の清野正昭さん(56)は「空間をうまく使って表現した躍動感を感じてほしい」と話している。
 今年から会場の入り口に氷の看板と椅子を並べて「SNS映え」する撮影スポットを設ける。

 (戎野文菜)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索