“ホーム開幕戦”は甲府で 松本山雅、改装で使えず

 サッカーJ2の松本山雅FCは十二日、二月から始まるリーグ戦のホーム開幕戦(三月十七日、第四節ファジアーノ岡山戦)を、J2ヴァンフォーレ甲府の本拠地「山梨中銀スタジアム」(甲府市)で開催することを発表した。県外でホームゲームを開催するのは初めて。
 松本山雅の本拠地アルウィン(松本市)は、昨年十二月から天然芝の全面改装を実施。芝の養生などで三月末まで使用できないため、松本山雅の運営会社は県内外のスタジアムで代替会場を探していた。
 AC長野パルセイロが使用する長野Uスタジアム(長野市)での開催も同市側に打診していたが、昨年十月の大雨の影響で芝が傷んでおり、使用が難しい状況を伝えられたという。
 Jリーグはこの日、各クラブのホーム開幕カードを発表。松本山雅は第一節(二月二十五日)は横浜FC、第二節(三月三日)でアルビレックス新潟と、いずれも敵地で対戦する。

 (酒井大二郎)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

長野 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索