ウツボグサ、かれんに咲く 飯田で見頃

ウツボグサ、かれんに咲く  飯田で見頃

 青紫色の小さな花びらがかわいらしい「ウツボグサ」が、飯田市上郷黒田の野底山森林公園で見頃を迎えている。
 ウツボグサは、武士が弓矢を入れるために使っていた靫(うつぼ)に形が似ていることからその名がついている。茎の先端に松ぼっくりのような花穂があり、その周りに青紫色の小さな花びらがつく。
 同園管理人の中野悦子さん(58)によると、今月初めごろに花が咲き始め、園内の数カ所で確認できる。花が咲いてから一週間ほどで散ってしまうため、今月中旬ごろまでが見頃。中野さんは「山の宝を間近で見ることができるので、ぜひ見に来てください」と来園を呼び掛けている。 

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

長野 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索