穴水の料理店 対戦国の料理提供

穴水の料理店 対戦国の料理提供

コロンビア セネガル ポーランド
食ってやる
 食でW杯ロシア大会を盛り上げようと、石川県穴水町大町のイタリア料理店「能登バルAZ(アズ)」は開幕日の14日から、日本代表が1次リーグで対戦する3カ国の料理の提供を始める。オーナーシェフの新出洋さん(41)は「“対戦国を食って”縁起を担ぎ日本代表を応援しましょう」と話す。(田井勇輝)
 提供するのは初戦のコロンビア、二戦目のセネガル、三戦目のポーランドの料理。
 ポーランドの料理は、国民食のトマトスープ「ズパ ポミドロバ」を作る。コンソメスープをベースに、細かく切ったトマトやトマトソース、調味料を混ぜて煮込み、生クリームを入れてまろやかに仕上げる。スープは十五穀米にかけ、リゾットのように味わう。
 コロンビアとセネガルのメニューは現在、肉料理など数品の候補から、試行錯誤しながら選んでいる。
 新出さんはサッカーの経験はないが、観戦は大好き。趣味で自転車ロードレースやトライアスロンの全国大会に出場している。「応援してくれる人が多ければ、かなりモチベーションが上がる。一番つらい時にこそ一番力になる」と語る。
 日本代表は十二日、南米パラグアイとの国際親善試合に4−2で勝利。今年五戦目で初めて白星をつかみ、大舞台を迎える。「地方の町でも熱心に応援し、国中が一丸となることが大切。初戦を勝ち、勢いをつけてほしい」とエールを送る。
 大会中は毎日、いずれか一カ国の料理を提供する。日本代表の試合がある日は、対戦国の料理を準備する。価格は八百円からだが、日本代表の応援グッズや青色系の物などを身に着けていれば、五百円で食べられる。毎日、二十食限定。
 W杯メニューは七月十五日まで。提供時間は午後五時〜午前零時。日本代表の試合を中心にパブリックビューイングもする。休みは不定。店はのと鉄道穴水駅前にあり、問い合わせはAZ=電0768(23)4887=へ。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

石川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索