海老蔵さん、今年も植樹 志賀高原に1万本

海老蔵さん、今年も植樹  志賀高原に1万本

 美しい自然を未来の子どもたちに残そうと、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(40)が呼び掛けた植樹イベント「ABMORI(エビモリ)」が二十四日、山ノ内町の志賀高原であった。地元の子供ら約千五百人が参加し、スキー場のゲレンデ跡地に苗木一万本を植えた。
 海老蔵さんが地球温暖化などの環境変化について、自身のブログで触れたことがきっかけで始まり、今年で五回目。昨年六月に乳がんで亡くなった海老蔵さんの妻小林麻央さんも植樹の専門家を紹介するなど、イベントを後押ししていた。
 開会式で海老蔵さんは「自然豊かな美しい地球に戻れるように、緑を戻しましょう」と呼び掛けた。
 イベントには海老蔵さんの長女堀越麗禾さんと長男勸玄ちゃんも加わり、ミズナラやシラカバ、ナナカマドなど計十九種の苗を植えた。
 参加した山ノ内町東小六年の中島萌乃さん(12)は「植えた木が大きく育って、緑でいっぱいの志賀高原になってほしい」と話した。

 (斉藤和音)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

関東甲信越の主要なニュース

長野 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索