高山「チャオ御岳」で音楽祭 28、29日 

高山「チャオ御岳」で音楽祭  28、29日 

 ゴンドラリフトに乗って標高約2200メートルでオペラのコンサート−。高山市高根町日和田のスキー場「チャオ御岳マウントリゾート」は、14日に夏季営業を始めるのに合わせ、ゴンドラ山頂駅に新設するレストラン「スカイラウンジ2200」で28、29日に第1回音楽祭を開催、国内外で活躍するオペラ歌手たちが美声を披露する。夏季営業は9月2日まで。
 十四日は終日、ゴンドラ料金が無料。安全祈願祭があり、スカイラウンジでのバイオリンやピアノの演奏も予定されている。
 夏季営業の期間中、ゴンドラは昼間の午前十時半〜午後三時(下り最終)と、夜間の午後六〜十時(同)に運行する。料金は片道千二百円、往復二千四百円。オートキャンプ場は、従来の第二駐車場に整備。ウッドデッキと電源付きの十メートル四方の十五区画や、テントを十〜二十張り設営できる「フリーサイト」などを用意する。マウンテンバイクは利用時間に応じて料金を設定。ヘルメットやプロテクターも有料で貸し出す。
 スカイラウンジは約百席で、星空を楽しみながらの食事もできるという。
 音楽祭は、サマーオペラコンサートと題し、両日それぞれ昼と夜の二回ある。樋口達哉さん(テノール)押川浩士さん(バリトン)佐藤篤子さん(ソプラノ)富岡明子さん(メゾソプラノ)の四人が出演。歌劇「トゥーランドット」の歌曲「誰も寝てはならぬ」やヘンリー・マンシーニ作曲の「ムーンリバー」などを、グランドピアノの伴奏で歌う。料金はゴンドラ料金と食事代込みで昼の部は一万円、夜の部は一万二千円。中高生五千円(いずれも税込み)。
 チャオ御岳マウントリゾートサービス本部マネジャーの林一之さん(35)は「大切な方と楽しく思い出に残る夏チャオをご体験ください」と話している。(問)チャオ御岳マウントリゾート=0577(59)3620
 (近藤歩)


スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

岐阜 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索