カキ料理でまんぷく 期間限定 穴水駅に「あつあつ亭」

カキ料理でまんぷく  期間限定 穴水駅に「あつあつ亭」

 穴水湾特産の能登カキを炭火焼きで味わえる「あつあつ亭」が十二日、のと鉄道穴水駅に期間限定でオープンした。能登の里海が誇る冬の味覚を味わおうと、初日から大勢の人が詰め掛け、さまざまなカキ料理を堪能していた。
 のと鉄道が、鉄道の利用促進などを目的に冬季限定で二〇一二年から開いている恒例の企画。焼きガキやカキフライなどがお得な価格で楽しめる定番の「あつあつセット(千八百円)」に加え、今年はカキ料理のほかにフグやイカも味わえる「まんぷくセット(二千八百円)」と焼きガキに能登産の日本酒かワイン一杯が付く「地酒セット(千四百円)」を初めてメニュー化した。
 この日は、開店後から家族連れやカップルが続々と訪れる盛況ぶり。輪島市在住の友人に招かれて初めて訪れたという東京都江東区在住の会社員広田貴昭さん(45)は「こうやってカキを食べることは東京ではなかなかできない。ほど良い塩味がおいしいですね」と次々とほおばっていた。
 三月十七日までの土日祝日の計二十二日間、午前十時半〜午後三時(ラストオーダー午後二時半)に営業する。観光列車「のと里山里海号」の利用客のみ予約可能。鉄道利用者はセットを注文した場合、焼きガキを二個追加できる。(問)のと鉄道観光列車予約センター0768(52)2300 (関俊彦)


関連ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

中日新聞プラスの他の記事もみる

東海/北陸の主要なニュース

石川 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

地域 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

地域選択

記事検索